BLS for Healthcare Provider Course
目的 G2015に準拠した成人、小児(1歳-思春期まで)、乳児(1歳未満)の心肺停止に対する初期対応法を学ぶためのコースです
内容 AHAが開発した「PWW:Practice while waching」の手法を用いて以下の内容を習得します。
  • 心肺停止状態の確認法【意識(反応)・呼吸停止・心停止の有無の確認】
  • 基本的な心肺蘇生術(人工呼吸と心臓マッサージ)
  • 感染防止のためのバリアーデバイス(ポケットマスク)の使用法
  • 自動体外式除細動器(AED:Automated External Defibrillator)の使用法
  • 窒息の応急手当
対象
  • 医師、歯科医師
  • 看護師
  • 救急救命士、救急隊員
  • 臨床工学士  
  • 臨床検査技師  
  • 放射線技師  
  • 理学療法士  
  • 薬剤師  
  • 医学生、看護学生など
講習時間 コースにより開始時間が変わりますので、各コース募集概要をご確認ください。
受講料 新規、更新共に18,100円。
昼食代を含んでおります。
テキスト BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル
AHAガイドライン2015準拠 日本語版
定価:4,212円(税込み)

G2015のBLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアルの日本語版が2016年9月21日から発売されました。
受講前に熟読されることをお奨めいたします。
プログラム 詳細はこちらをご参照下さい。
試験 筆記試験及び実技試験
修了カード 当コースを修了された方には修了カードを発行いたします。(後日郵送)
日程 詳細はこちらをご参照下さい
その他
  1. BLSプロバイダーマニュアルを必ずお持ちください。コースの最中に必要となります。
  2. G2015版のECCハンドブックもお持ちであればお持ちください。
  3. コース当日の服装等:床にマネキンをおいて実際に人工呼吸や心臓マッサージを行います。体力を必要とする内容も含まれますので御了承下さい。服装は実習ができるような軽装で御参加ください。特に女性の方はスカートや胸元の広い衣服、ローライズのジーンズ等は極力御遠慮下さい。マネキンに人工呼吸を行う際には、口紅をおとして頂きます。
  4. 当日風邪をひいて咳が出る方は参加することができませんので、体調を整えておいてください。