ACLS Provider course
目的 成人の二次救命処置法を学ぶためのG2015に準拠したコースです。
内容 以下の項目をマネキンとシミュレーション・コンピュータを用いた実践形式のトレーニングを中心に,一部講義を含めて行ないます。
  • 呼吸不全(気道管理)
  • 心室細動 / 脈の触れない心室頻拍
  • 無脈性電気活動(Pulseless Electric activity:PEA)/心静止(asystole)
  • 徐脈
  • 頻拍性不整脈(不安定 / 安定)
  • 急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome:ACS)
  • 急性脳卒中
対象
  • 医師、歯科医師
  • 看護師
  • 救急救命士、救急隊員
  • 臨床工学士  
  • 臨床検査技師  
  • 放射線技師  
  • 理学療法士  
  • 薬剤師  
  • 医学生、看護学生など
ACLSプロバイダーコースでは、BLS for HCPコースを履修していることが必要となります。そのためG2015 ACLS Provider Course受講日に、以下のいずれかのBLSカードの提示ができることが必須条件となります。
  1. 新規:有効期限内のBLS for HCPカードか、BLSインストラクターカード
  2. 更新:受講を証明するACLS for HCPカード(期限を問わない)
講習時間 一日目 8:15-8:30集合、8:30開始-18:30終了
二日目 8:00-8:10集合、8:10開始-15:30終了
受講料 38,300円(昼食代込み)
テキスト G2015版日本語教材(ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015準拠,15120円)は2017年4月4日に発売されました。各自で購入していただき,必ず受講前にテキストを熟読してください。
プログラム 詳細はこちらをご参照下さい。
試験 筆記試験(心電図判読を含みます)、及び実技試験
合格基準 コースでは、次のすべてを行う必要があります。
  1. すべてのコースに積極的に参加していること。
  2. 成人の心肺停止に対してAEDを用いたBLS(1人法)の実技試験を合格すること。
  3. 筆記試験で84%以上得点すること。
  4. Megacode stationテストを合格すること。心室細動および危険な不整脈の実技試験で、実際にチームリーダーとして心肺蘇生法を統括できること。
修了カード 当コースを修了された方には修了カードを発行いたします。(後日郵送)
日程 詳細はこちらをご参照下さい
その他
  1. ACLSプロバイダーマニュアルを必ずお持ちください。コースの最中に必要となります。
  2. G2010版のECCハンドブックもお持ちであればお持ちください。
  3. コース当日の服装等:床にマネキンをおいて実際に人工呼吸や心臓マッサージを行います。体力を必要とする内容も含まれますので御了承下さい。服装は実習ができるような軽装で御参加ください。特に女性の方はスカートや胸元の広い衣服、ローライズのジーンズ等は極力御遠慮下さい。マネキンに人工呼吸を行う時には女性の方は,口紅をおとして頂きます。
  4. 当日風邪をひいて咳が出る方は参加することができませんので,体調を整えておいてください。